引越し業者への手続きも重要です。

引越しを進める時に、業者に荷物を運搬してもらう必要がある方もたくさんいます。荷物が多い時など、専門スタッフに運び出してもらうことで、安心して荷物を運ぶことができ、たくさんある荷物もスケジュール通りに運ぶことができます。引越し業者の中には、新生活がはじまる春の時期など、忙しい所も多いので、早めに手続きを済ませて、希望する日に引越しの荷物を運んでもらえるようにすることも大事なポイントです。そのためにも、業者の比較を早めに進めて、サービスの質や料金の事を確認して、納得して以来できる所を見つけることも必要です。引越し業者の比較を進める時に、ホームページや比較サイトなど絵、インターネットで情報を集めることもできるので、注目です。インターネットで見積もり計算を進めることで、費用の面でも安心して依頼できる所を探すこともできます。

引越し時に必要な手続き

これから引越しを考えている、あるいは引越しが決まったという人にとって、必要な手続きは何かと言うのは、引越し作業と同じくらい重要な仕事になります。忘れると後々困ることも多いので、これだけは必ず必要だと言うものに絞っていくつか挙げていきます。まず、役所での転出・転入あるいは転居の届出です。住民票の移動に掛かるので忘れる人は少ないでしょうが、最も重要ともいえる必須事項です。同一区内など、役所の同一管轄内での引越しの場合は「転居」届。この場合は引越し後の手続きのみとなります。それ以外は、引越し前に「転出」届、引越し後に「転入」届。どちらも引越し日から見て2週間以内に行いましょう。住居が賃貸だった場合、大家あるいは管理会社に引越しについて届ける必要がありますが、この時、引越しの日時、転居先などについても伝える必要があるため、先に引越し会社との契約を済ませておく必要があります。このため、順序としては、引越し先の決定、引越し会社との契約、管理会社等への連絡、転出届、引越し、転入(転居)届、と言った順番になります。また、郵便局への転送願いは、引越し先が決まってから引越しまでの間であれば、いつでもいいでしょう。引越し後の転入届は2週間以内となっていますが、通常はできるだけ早いほうがいいでしょう。なぜなら、転居後は免許証や銀行等各種口座の登録住所を全て変更しなければなりませんが、基本的には住民票が必要となるため、役所での手続きを済ませないと他の登録変更を進められないからです。

引越しの手続きはかなりの時間と労力

引越しで他所に転居するときはただ単に引越業者に荷物運送の依頼をし、これまで住んでいたアパートの管理人に退去通告をすれば済むだけではありません。他にもいろいろやるべき手続きがたくさんあります。まずはこれまで住んでいた住居の水道・ガス・電話などライフラインの使用停止依頼をしないとなりません。ただしそこに住んでいる住居が賃貸の場合は電気は退去日でなく、その後の清掃が終わった段階で停止という面倒なことが起こります。今頃は他にも携帯電話やインターネットプロバイダ業者に対しても住所の移動を告知する必要が生じます。さらに市町村役場に出かけて住民票の移動申請と、郵便局に出かけてやはり住所変更をしないとなりません。それを放置して次の住人に自分の郵送物を見られてでもしたら個人情報を盗まれて大変なことになります。マイカーを所有していたら引っ越した後にナンバーをそこの都道府県に変更する手間も生じます。これらの作業は1日だけでは完了しきれません。そのためかなりの時間的余裕をもっての対処が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)